JBIの概要
名称 一般財団法人日本軸受検査協会 Japan Bearing Inspection Institute
基本財産 1000万円
設立 2013年4月1日
代表理事 南側 正明
従業員 30名
理念
1.本一般財団法人は、軸受並びに類似精密機械部品の検査・調整並びに長さ・硬さの計測機器の検証、校正を主要業務とする第三者機関であり、業務は公正、公平を旨として運営を計る。
  • 2.軸受並びに類似精密機械部品の検査、調整業務は、それらが組み込まれた最終製品を通して幅広く産業界の発展に寄与するとともに、計測機器の検証・校正業務は計測機器を使用するあらゆる産業界や教育機関への貢献を目指す。
  • 3.法令の厳守はもとより、定款を初めとする本一般財団法人内の規格類に則って業務を遂行し、業務依頼先の品質要求を最大限に満たすことに努め、品質至上を基本とする。
  • 品質基本方針
  • 環境宣言
  • 個人情報の取扱いについて
 
沿革
1952年 前身の日本軸受輸出検査株式会社設立
1957年 財団法人日本軸受検査協会に改組(輸出検査法成立)
1972年 試験所を堺市に設立
1981年 JISの公示検査認定検査機関に指定
1987年 組合せ軸受のすきま調整業務の開始
1992年 軸受の輸出検査指定解除(輸出検査業務の消滅)
1994年 端度器でJSCC0022認可
2001年 「NTN指定改造工場」に認定(8月)
2004年 ロックウェル硬さ試験機および硬さ標準片でJSCC0022認可
2006年 組合せ軸受用間座の内製開始
2007年 東京事業所(本部及び東京センター)を港区から品川区へ移転
2011年 NSK加工指定工場に認定(8月)
2013年 内閣府の認可により一般財団法人日本軸受検査協会に移行(4月1日付け)
2015年 関西センターがISO9001認定取得(6月5日)
2016年 ジェイテクト 仕入先認定(2月)
2016年 名古屋センターがISO9001認定取得(3月3日)
2016年 BCP(事業継続計画)Ver.1を完成(3月)
2016年 ビッカース硬さ試験機および硬さ標準片でJSCC0022認可(3月31日付け)
2016年 SKF グローバル・サプライヤーに認定(10月)
2016年 環境マネジメントシステム認証取得(KES(step1))
2018年 JCSSリングゲージ認定取得及びビッカース登録範囲拡大(平成30年3月22日)
2018年 ISO9001(2015 版) 更新認定取得(名古屋、関西)
2018年 東京事業所 閉鎖(2018.12/E )
2018年 本部が品川から堺に正式に変わりました。(11月1日 付け)
2020年 JCSSブリネル硬さ標準片認定取得及び登録更新(令和 2年5月15日)
組織
組織
資料
その他資料はこちらをクリック